首の白ニキビは早く治すことに集中!悪化すると痛い!

首の白ニキビは悪化前に治す

首に白ニキビが増えてしまった時は早め早めに対処していくことを考えていきましょう。

首に白ニキビが大量発生すると、その内のいくつかは悪化してしまうことも多く、悪化して炎症を起こしたり膿がたまってしまえば痛みも伴いやすいのが首の白ニキビだと感じています。

メイクやマスクでもなかなか隠せない場所が首だし、白ニキビが大量発生してしまった時には隠そうとせずに早く治すことだけを考えるしかありませんね。タートルネックの服などで隠すのも刺激になってしまうのでNGですよ!

ところで、首のニキビ専用のスキンケアもあるので、「首の白ニキビのせいでフェイスラインに自信が持てない!」なんてことになる前に、有効成分だけでも確認しておくと参考になるかもしれません。

>>>首のニキビ専用のスペシャルケア「メルライン」

首は体か顔か?

ところで首は体を洗うボディソープか洗顔料で洗うべきか?で迷ってことはありませんか?笑

これは根拠があるわけではありませんが、私の体感としては洗顔料を使ってスキンケアを行っていき、顔用の保湿ケアを使って保湿も行っていった方が改善も早いです。つまり首は顔の一部に分類されますね。

昔自分で試してみたことがあるのですが、お風呂でボディケアのついでに首も洗ったらツッパリ感が酷くてニキビの炎症や痛みが増してしまった苦い経験があります。これからもし化粧品などを見直すならボディケアではなく洗顔料や化粧水などを見直していきましょう。

首の白ニキビには優しい洗顔を

首は頬や顎と同じフェイスライン(Uゾーン)に分類される場所です。おでこや鼻のTゾーンと比べて皮脂腺が少なく乾燥しやすい一方で毛穴が小さく詰まりやすい場所と言われたりします。

皮脂腺が少ないので脂っぽくなりにくい場所ではありますが、それでも皮脂分泌の影響を受けて毛穴に角栓ができてしまえば白ニキビ発生の大きな原因となります。

特に首などのフェイスラインはストレスや生活の乱れの影響を受けやすいです。ストレスや睡眠不足などによって男性ホルモンの分泌が増えると男性ホルモンの作用で皮脂分泌が引き起こされます。

首や頬・顎のフェイスラインは男性で言えば髭が生える場所で、そのせいか分かりませんが女性であっても男性ホルモンによる皮脂分泌の影響が肌に出てしまいやすい場所だと感じています。

(元々詰まりやすい場所だからというのもあると思います。)

乾燥しやすい、毛穴が詰まりやすい、皮脂分泌の影響を受ける

ということでデリケートなスキンケアが求められてきます。乾燥しなければ脂を落とす強力な洗顔料だけで簡単に対処が出来るのですが、乾燥デリケート肌には刺激になってしまいます。

洗顔で皮脂膜まで落としてしまえば乾燥が悪化して突っ張ってしまうし、乾燥を補おうと分泌される皮脂が毛穴に詰まって白ニキビを繰り返してしまう原因にもなります。

優しく洗うだけではなく優しい洗顔料を選んで優しく洗うという化粧品選び段階からの意識が、首の白ニキビをスムーズに治すためには必要になってくると思います。

優しい洗顔料をセットにした大人ニキビケアであれば保湿ケアも強力な場合が多いし、乾燥しやすい首の白ニキビ対策としても肌にとても合う可能性が高まると思います。

これから化粧品を見直すことを考えていた場合には、最低でも大人ニキビ用の化粧品から選ぶようにしていくと良い結果になると思います。

首はスペシャルケアも使いやすい

もし首だけに白ニキビが大量発生してしまった状態なら、いつもとは少し違ったスキンケアを導入してみるのも良いかもしれません。

首は少しだけすすぎが難しい場所ではありますが、洗顔などのケアに関しては面積もそこまで広くはなく丁寧にムラのないケアを行っていきやすい場所だと思います。

使い慣れた泡洗顔ではなくて泡立ちしないクレイ洗顔なども首だけならストレスなく特別感に浸りながらケア出来るかもしれません。白ニキビ専用のピーリングパックもあったりするので、首に使って症状の改善を試みるのも良いかもしれません。

あるいは首専用の保湿ケアというのもマニアックですが実は存在していたりします。定番スキンケアでも十分に対処が可能なので必ずしもスペシャルケアに頼る必要はありませんが、使ってみて上手くいけば今後の肌ケアの可能性も広がりますよね。

首の白ニキビを治すだけではなく女子力もレベルアップする感じもするし、時折スペシャルケアを検討してみるのも良いかもしれませんよ。


↓ニキビケア化粧品ランキングはこちら↓
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です