子供の白ニキビを治すには?化粧品選びと薬を紹介します

子供の顔に白ニキビが

今回は子供の白ニキビケアについて解説します。

子供と言っても対象としてイメージしているのは小学生高学年から中学生・高校生までです。

幼児期や小学生低学年にも白ニキビや肌荒れが起きてしまうことがありますが、それはまた別の記事で解説していければと考えています。

赤ちゃん・新生児に増えやすい白ニキビ・乳児湿疹について更新しました。>>>「赤ちゃんの白ニキビ・乳児湿疹が心配!早く治してあげたい

さて、子供の顔に白ニキビが大量発生して増えてしまうと、親としては何としても早く治してあげたい!という気持ちになりますよね。

子供の顔にできる白ニキビは、ただ皮膚病として辛いだけではなくて、子供本人の学校生活での過ごし方や性格形成にも大きな悪影響を与えてしまいかねないからです。

青春時代に顔中に増えた白ニキビのせいで、、、というのはニキビ経験が浅い人でもその辛さは想像出来るのではないでしょうか?

子供の白ニキビを治すためにどんな方法があるのか、化粧品を使ったスキンケアと治療薬について見ていきましょう。

思春期の白ニキビケア

まず初めに子供の白ニキビケアで一番大切になってくる化粧品を使ったスキンケアについて解説します。

白ニキビは毛穴に分泌された皮脂汚れや汗汚れが詰まってしまうことを原因として発生します。

そして、小学生・中学生・高校生という思春期の学生時代は顔の皮脂分泌が過剰ですよね。これは思春期特有のホルモンバランスの変化による影響です。

皮脂分泌を抑えること自体を考えるのは難しいので、ケアで大切になってくるのはいかにして分泌された皮脂を落とすか?です。ここに絞って対策を行っていくことで子供の白ニキビを効果的に対処していくことが出来ます。

今回、初めて白ニキビが増えてスキンケアデビューするという子供も多いと思います。

ニキビケア選びで失敗すると症状が長引いてしまう原因にもなるので肌質に合った正しい化粧品選びを行っていきましょう。

ポイントは毛穴の角栓をしっかりと解消出来る強力な洗顔料にあります。とにかく皮脂汚れを確実に落とすことが大切になるんですね。

洗顔料の有効成分でいえばサリチル酸を代表とする角質剥離作用が含まれている方が良いし、逆に保湿ケアでは乾燥肌の大人の真似をして乳液を使う必要はありません。

ちょっと意外かもしれませんが、ケア過剰になると肌への負担になってしまうので良くないんですね。特にスキンケアになれていない子供なら尚更です。

「白ニキビが増えた→スキンケアデビュー→色々やりすぎる→悪化の原因に」

というのは絶対に避けたいところです。

毛穴のコメドを解消して思春期のニキビケアを徹底する、そんな観点から選べるシンプルなオールインワンタイプの化粧品がコレです。

>>>脂性肌のニキビケアはファーストクラッシュ

ファーストクラッシュを使って優しく洗っていくことが良いですよ。(ゴシゴシはダメ!)

白ニキビに効果的な治療薬

最後に白ニキビに効く薬も紹介しますね。

といっても白ニキビに効果的な治療薬は皮膚科のディフェリンゲル一点だけがオススメです。

子供を皮膚科に連れていく時間がない、、、という場合もあるかもしれませんが、少しでも効果的な治療を実現させるためには何とか子供を皮膚科に連れていった皮膚科でディフェリンゲルの処方を受けてください。

口コミでは薬局でも買える市販薬のペアアクネクリームも白ニキビに効くなんて評価もありますが、効果・効能のところを見る限り、運というかマグレだと思います。ペアアクネクリームは炎症を起こしたニキビに対して使っていくと効果的ですよ。

子供の白ニキビ対策の中心になるのは化粧品を使ったスキンケアです。そのケアの後にディフェリンゲルも使っていくとより短期間で白ニキビの改善が狙えるようになると思います。

思春期の青春時代を顔の白ニキビなんかに邪魔されないように、親御さんもしっかりとサポートしてあげてくださいね。

デリケートな子供のニキビに!

>>>【ファーストクラッシュ】を見てみる!


↓ニキビケア化粧品ランキングはこちら↓
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です