赤ちゃんの白ニキビ・乳児湿疹が心配!早く治してあげたい

赤ちゃん肌の白ニキビが心配

実は当ブログには「赤ちゃん 白ニキビ」や「乳児湿疹 白ニキビ」といった検索キーワードで訪問してこられる方がいます。

当ブログは白ニキビの専門的なブログなので、赤ちゃん関連のキーワードでも検索結果に表示されてしまうのですね。

当ブログでいう白ニキビは大人の乾燥肌や思春期の子供にできる「閉鎖コメド」のことを指しており、赤ちゃんの白ニキビとは異なります。そのため、これまでは赤ちゃんの白ニキビに関するコンテンツは用意していませんでした。

しかし、赤ちゃんの白ニキビは多くの母親が心配している症状だと思います。特に乳児湿疹は生後2週間から1ヶ月の新生児にできやすいだけに本当に不安になると思います。

薬で一時的には治せても症状を繰り返してしまうと、強力な薬を使い続けることも肌への負担になりそうで気が進まないですよね。(大人の肌でもそうなのに、赤ちゃん肌にずっと薬は刺激が心配です。)

「今のままのケアをずっと続けるのはちょっと」

と感じている方も多いと思います。

肌へのダメージが蓄積されたりダメージ肌が定着してしまう前に予防ケアからしっかりと対処していかなければいけません。

広く乳児湿疹と呼ばれる赤ちゃんのプツプツ白ニキビの治し方を知るには、その原因を簡単に理解することが大切です。

赤ちゃんの白ニキビをケア

赤ちゃんの白ニキビができる原因は大人と同じ「毛穴の皮脂詰まり」です。

新生児のホルモンの影響で毛穴に皮脂がたまってしまうのですが、ホルモンの対策は出来ない以上、毛穴の汚れを解消してあげる肌ケアが大切になってきます。

そして念のため寝具の衛生環境にも再度気を遣うことが出来れば理想的です。

肌が落ち着いてくるまでは空調や空気清浄機を使って部屋の温度や湿度を整えることも出来れば最高ですね。

さて、赤ちゃん肌に使う肌ケアですが、当然のことながら大人や学生が使うようなニキビ洗顔では刺激が強すぎて対処することは出来ません。

成長した人間の肌とは比べ物にならないデリケートはベビー肌には当然「赤ちゃん肌用」の肌ケアを使っていくことが大切です。

もちろん刺激はNGだし、実際に使っている人が多い鉄板の赤ちゃん肌ケアを活用しなければ安心出来ませんよね。

例えば「ファムズベビー」が赤ちゃん肌のケアとして幅広く症状に対応していて愛用されています。

白ニキビ・乳児湿疹はもちろん、おむつかぶれや汗もにも対処出来る優れものです。オロナインの赤ちゃん版のようなイメージで活用出来ますよ。

また、お風呂の入れ方が悪いのではないか?と考えている方も多いかもしれません。

実際、お風呂は赤ちゃんの肌にとってとても大切です。

残留塩素(カルキ)対策はしっかりと行えていますでしょうか?

あるいは、石鹸やシャンプーを使わずに刺激なく赤ちゃん肌をケア出来れば理想的ですよね。

北川景子さん、平子理沙さん、大地真央さんも愛用しているこの入浴剤は知っていますか?(大人にとっても大切ということ!)

「ベビタブ」で、赤ちゃんの肌をケアしつつ、家族みんなの肌環境を守るのも母の仕事ですね。


↓ニキビケア化粧品ランキングはこちら↓
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です