白ニキビが黒ニキビに悪化した時の治し方

白ニキビが黒ニキビに悪化

白ニキビが黒ニキビに悪化してしまった!早い段階で白ニキビに対処できないと、大量発生した白ニキビの内1つか2つが黒ニキビにまで発展してしまうことがあります。

黒ニキビの症状を画像で確認してみましょう。

黒ニキビ 画像

黒ニキビの画像はこんな感じです。芯がとても深くて固いです。ホクロみたいですよね。(※実際はホクロとは全然違うのでその点は安心してください。)

黒ニキビができる原因は?

黒ニキビができる原因は、毛穴の中に収まりきらなくなった皮脂が皮膚表面上に表れて空気に触れて酸化することでできます。

皮脂って酸化すると黒色になるんですよね~。鼻や頬にできやすい毛穴の黒ずみも同じですね。目立ちやすいから本当に困りますよね。

白ニキビは「閉鎖面皰」といって毛穴を角栓が塞いでしまっている状態ですが、黒ニキビは「開鎖面皰」といった毛穴が開きっぱなしになり皮脂が突き出している段階になります。

毛穴が閉じて塞がっている、開いて外気に触れているという点が白ニキビと黒ニキビの大きな違いです。(色も真逆ですね。)

白ニキビと治し方に違いはある?

白ニキビが黒ニキビに悪化してしまったら治し方に違いは出てくるのかというと、基本的には治し方に大きな差はありません

白ニキビと黒ニキビは色こそ真逆でもまだ炎症を起こしていない単なる皮脂であることに変わりはありません。毛穴の皮脂詰まりを落とすようなスキンケアと、角質剥離作用を持つ治療薬を使っていくことが必要になります。(※オロナインのような抗炎症作用を持つ薬を使う必要はありません。)

ただ、しつこい黒ニキビだと芯が固く深く根付いてしまって、まるで鉛筆の芯が刺さったままのような状態になってしまうことがあります

そうなるとなかなかいつも通りのスキンケアを続けていても全く手応えが感じられなくなる時があります。

それでも粘り強くスキンケアを続けていけば少しずつ黒ニキビに変化が見られるのですが、どうしても結果を急ぎたい場合には化粧品を変更したり皮膚科で対症療法を検討するのも良いと思います。

具体的には洗顔料を泡洗顔からクレイ洗顔に変更したり、「面皰圧出」という皮膚科の専門治療を受けることも検討していきましょう。

クレイ洗顔、面皰圧出がより現実的な選択肢となることが白ニキビと黒ニキビの治し方の違いです。

私は白ニキビでも赤ニキビでも黄ニキビでも泡洗顔が優しく包み込むように洗いやすくて気に入っているのですが、しつこい黒ニキビに対してはビーグレンのようなクレイ洗顔(泥洗顔)も有効だと感じています。

ビーグレンのモンモリロナイトが含まれるクレイ洗顔は酸化した皮脂を吸い付いて除去する性質があるので、黒ニキビに関してかなりピッタリの洗顔料となっています。

泥洗顔自体が珍しいのでちょっとクセがあるかもしれませんが、対黒ニキビ用として使っていくには良いですよ♪

クレイ洗顔は未知数という方もいると思いますが、使用感もとても優しいのでおすすめです。

(実際、クレイ洗顔の方が泡洗顔より毛穴の奥まで入り込めるらしいです。)

今では黒ニキビに悪化する前に白ニキビの段階で対処してしまうので黒ニキビは長い間できていませんが、黒ニキビに悩んでいた時はビーグレンに頼っていた時期もありました!


>>>ビーグレンの洗顔料を見てみる

それから面皰圧出ですがこれはコメドプッシャーという専用器具を使って、黒ニキビの芯を押し出す治療です。白ニキビの時にもやってもらえる治療法で、即日で治したい場合には非常におすすめとなってきます。

白ニキビと比べて黒ニキビの段階になれば自然に数も減ってくるので、治療費もそこまで大きな負担にはならないと思います。

ただいくら皮膚科医のプロに任せても黒ニキビの芯が深かったりすると、運が悪いとニキビ跡が残る可能性はあるのでその点は覚悟するか、絶対に嫌ならスキンケアで対応していくようにしましょう。

薬に関しては白ニキビに効果がある処方薬でいえば「ディフェリンゲル」、市販薬なら「ペアアクネクリーム」がおすすめです。

また、面皰圧出にせよ治療薬にせよ、今ある黒ニキビを治すための方法であることに変わりはないので、症状を繰り返さない予防のためには毎日の化粧品を使ったスキンケアが大切になってきます。

炎症を起こす前の最後の段階である黒ニキビの内に適切な対策を行うことで進行を食い止めて治すことを目指していきましょう。黒ニキビの内に治す事が出来れば肌へのダメージも最小限に食い止める事が出来ます。


↓ニキビケア化粧品ランキングはこちら↓
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です