顔中に小さいニキビが大量発生!正しいケアで即効で対処する

顔中が小さいニキビだらけに!

「顔中に小さいニキビが大量発生して治らない!」

「今までは平気だったのに最近になって増えてしまった」

急に顔中に小さいニキビが大量発生すると対処の仕方が分からなくて症状を悪化させてしまいがちです。

特に、学生時代はニキビとは無縁だったのに20代半ばになってから小さいニキビが顔全体にできるようになったとか、産後のホルモンバランスの変化でニキビができるようになったという時は正しい対策が遅れがちとなってしまいます。

薬局やドラッグストアで良さそうだと思って買った化粧品が思春期ニキビケアだったりすると、肌に合わなくてどんどん悪化を招いてしまうこともあるからです。

洗顔料が強すぎると乾燥が悪化してターンオーバー周期が崩れて敏感肌が定着してしまうことも!

(ただでさえ大人ニキビは治りにくいのに痛いミス!)

なかなか治らないし鏡を見る時やメイクの時に辛いからと、潰したり触ったりすると跡が残る原因にもなってしまうので気を付けてください。気持ちだけはブツブツに負けないように強く持ちましょう。

20歳を過ぎてから肌の変化やホルモンバランスの変化で急に小さいニキビが大量発生した時は、洗い上がりが優しい洗顔と強力な保湿ケアがセットになった大人ニキビ用の化粧品から使っていくというのが鉄則です。

スキンケアで小さいニキビの大量発生を全体的に予防して落ち着かせつつ、もし真の原因が生活習慣の乱れやストレスやホルモンバランスの崩れにあると感じるなら合わせて生活改善にも取り組んでいきたいですね。

とはいえ、症状や肌質に合ったスキンケア化粧品が見つかれば、小さいニキビの内なら安定的にケアを成功させていくことが出来ますよ。

小さいニキビの内に治す

小さいニキビが顔中に大量発生したと言っても、鳥肌のような小さいブツブツ、無色透明に近いブツブツができた場合、それは”白ニキビ”です。(湿疹のように少し大きい場合もあります。)

一方で赤く炎症を起こした小さい”赤ニキビ”がポツポツと大量発生してしまうこともあります。

でも、小さいニキビの正体が白ニキビであれ赤ニキビであれ、行っていくスキンケアに大きな違いはありません。(赤ニキビがある時はパック類はダメ)

しっかりと大人ニキビ用の化粧品から選べば、白ニキビの原因となる毛穴詰まり(コメド)を優しく落としていくことも出来るし、炎症を鎮めるための有効成分もちゃんと含まれているからです。

小さいニキビが悪化して大きく腫れたしこりのようなニキビへと進展したり、膿がたまった黄ニキビへと悪化してしまう前に、正しいセルフケアだけでもしっかりと押さえてスムーズに対処していきたいですね。

おでこ・頬・あご・口周りと顔全体に酷いニキビが残るなんて、何としても避けたいですよね!

小さいニキビの内はまだチャンスです。あっという間に治していくことだって出来るんですよ!頑張ってケアを行っていきましょう。


↓ニキビケア化粧品ランキングはこちら↓
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です