肌荒れが重症!頬の白ニキビが特にひどい時の原因と治し方

頬の白ニキビ・肌荒れが悪化する原因を知る

●最近になって頬の肌荒れ・白ニキビが増えてきた

そんな時にまず疑いたいのは「ストレス」です。

頬は大人になると肌荒れを起こしやすい場所と言われています。

その理由として、

  • ①頬や顎などのフェイスラインは乾燥しやすく、ちょっとした皮脂分泌で毛穴詰まりを起こしてしまうこと
  • ②ストレスで交感神経が優位になると皮脂分泌が進むこと

が挙げられます。イライラしているだけで頬が肌荒れを起こすってとても困りますよね。

生理前に白ニキビが急に増えるのも、ホルモンバランスの乱れによるイライラストレスや周期的な水分量の低下による乾燥が原因として絡んできます。

何が根本的な原因となるかは人それぞれの部分がありますが、最終的には毛穴が詰まりを起こす事によって大量発生するのが白ニキビです。

ストレスを起因とした皮脂分泌を防ぐためにはストレスを抱えないことが必要です。

でも、それが出来れば話は早いだろうというのが私の意見。社会的な環境によってはストレスがどうにもならないこともありますよね。

そこで頬の肌荒れ対策として実践したいのが「乾燥対策」です。

ストレスによって分泌された皮脂が毛穴に詰まって白ニキビを発生させるなら、毛穴に皮脂が詰まらないように毛穴の状態を整えるのも手段の一つですよね。

そして頬の場合には乾燥が毛穴詰まりの原因となることがほとんど。

つまり、保湿ケアを充実させることで頬の肌荒れに対処することが可能になります。

もちろん、化粧水・美容液・乳液・クリームなどを念入りに使用するだけではありません。

お肌を乾燥させない優しい洗顔から勝負は始まっています。

優しい洗顔によって毛穴汚れを落として保湿ケアの準備を整え、その後の強力な保湿ケアでしっかりと毛穴に潤いを保ちます。

そうすることで肌荒れを起こしにくい肌環境を整えていきましょう。

スキンケアをやってるのに頬の白ニキビが治らない?

でも、

●スキンケアをずっと続けているけど頬の肌荒れが改善せず困っている

という方がほとんどなのではないでしょうか?

自分の中では出来ることをやっているけど、症状が全然良くならないという闇の中のような状況ですね。。。

私も長くそんな状況に悩まされたので苦しみが痛いほど分かります。

そんな時に見直したいのは使っている化粧品です。

使っている化粧品がお肌に合ったものかどうか、具体的には脂性肌向きなのか乾燥肌や敏感肌向きなのかどうか、これは本当に重要です。

特に自分では脂性肌だと思っていても、それがおでこや鼻を見て判断しているなら要再検討ですよ。

先述したように頬や顎などのフェイスラインはとても乾燥しやすいんです。

おでこや鼻が脂っぽくても頬が乾燥している混合肌は日本人の大人にたくさんいると言われています。

乾燥肌の頬に刺激が強い脂性肌用の化粧品を使ってしまえば、さらなる乾燥を引き起こして肌荒れを悪化させてしまうことがほとんど。

スキンケアを続けているのに頬の白ニキビが治らないという方もこのケースに当てはまっている可能性が高いです。(洗顔後に乾燥感や肌が突っ張った感じがしていませんか?)

顔の中で乾燥している部分が肌荒れを起こしてしまったときには、

→「乾燥肌・敏感肌向けの大人ニキビ用の化粧品」

を使ってスキンケアを行っていかなければなりません。

スキンケアに使う化粧品一つで、こんなにも結果に差が出るのかというくらい変わってきます。

もし頬が乾燥しているのに大人ニキビ用の化粧品以外を使っていて、しかも症状が改善していないのであれば、大人ニキビ用の化粧品へと切り替えることで症状の改善を感じとれるかもしれません。

代表的なルナメアACなどの化粧品は当ブログの他記事にもたくさん登場するので、ぜひチェックしていってくださいね♪

おすすめ化粧品のランキングも掲載しています。


↓ニキビケア化粧品ランキングはこちら↓
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です