白ニキビはどれくらいで治る?大きくなる前の消し方

白ニキビはどれくらいで治る?

「顔に白ニキビが増えてきてしまった!」

「一体、どのくらいで治るの?」

白ニキビが大量発生してしまうと、どれくらいで治るのか、スムーズに早く治すことができるのか心配になりますよね。

数日後や翌週に大事な用事があったりすると、肌の状態が気になって仕方がありません。

あまり顔にできたブツブツを意識しすぎるとストレスになって、それが美容にも良くないのでなんだか悪循環です。

「気にするな!」と言われてもムリかもしれないので、どんな治し方が効果的でどれくらいで治るのか知って、落ち着いて対処していければ最高です。

答えを言ってしまうと、白ニキビは即日から1週間程度の時間があれば大きくなる前に十分に治すことができてしまいます。

もちろん正しい消し方を取り入れていることが大前提になります。

1ヶ月経っても症状が治らなかったり繰り返す場合には、別の消し方を考えてみても良いのかもしれません。

まず最速で治せるのは美容皮膚科の面皰圧出という治療方法です。

レーザーや針を使って毛穴に穴を開け、コメドプッシャーという器具で角栓を押し出します。

白ニキビは毛穴の角栓が原因でできるので、即日で治せるたった1つの方法です。

コメドを押し出す消し方が良いからといって、コメドプッシャーの代用として爪やピンセットを活用したり、力づくで自分で潰すような方法はNGです。

どうしてもという時だけ面皰圧出をお願いして、数日から1週間程度かけて治せれば良い場合には別の消し方を実践していきましょう。

大きくなる前の消し方

白ニキビが大きくなる前に対処できる消し方としては、化粧品を使ったスキンケアと治療薬が基本中の基本です。

まず外用薬ですが、白ニキビだけならディフェリンゲル、ペアアクネリキッド治療薬がおすすめです。

既に大きくなって炎症を起こした赤ニキビもある場合には、ベピオゲル、デュアック配合ゲル、エピデュオが塗り薬として効果的です。

(この内、薬局でも買える市販薬はペアアクネリキッド治療薬だけです。)

白ニキビに効く薬は数が限られているので、どれか一つ持っておくと早く治す時に役立ちます。

問題は、選択肢が多すぎるスキンケアの方です。

薬局で買えるニキビケア、通販で売っている大人ニキビケア、デパコスなど種類が多すぎます。

しかも肌に合わない化粧品に当たってしまうと、治らないどころか悪化の原因になることもあり、ホント大変ですよね。

自分に合った化粧品にいかに早く出会うことができるか?

これが、白ニキビがどれくらいで治るのかその結果を最も左右します。

わたしの中で勝ちパターンは決まっていて、

  • 脂性肌なら思春期ニキビケア
  • 乾燥肌、敏感肌、混合肌なら大人ニキビケア

というのが基本です。

過剰に分泌される皮脂だけが原因なのか、乾燥によるターンオーバーの乱れも原因になっているのかで、使うべき化粧品は変わってきます。

乾燥が原因なのに、洗顔石鹸で乾燥を悪化させてしまうなんて絶対に避けなければいけませんよね。

でも、なんとなくでニキビ洗顔を選ぶとついつい失敗してしまいがちです。

  • 洗顔後に乾燥感を感じる
  • すぐに化粧水をつけないとヤバい

思い当たることがありませんか、、、?

乾燥肌の白ニキビ対策ではとにかく洗い上がりが優しい洗顔料をベースに、強力な保湿ケアを合わせてセルフケアを組み立てていきましょう。

正しい消し方を実践できれば3日から1週間、10日ほどあれば余裕で白ニキビは撃退できてしまいます。

そのための治療薬選び、化粧品選びで役立つ情報があれば幸いです。


↓ニキビケア化粧品ランキングはこちら↓
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です