白ニキビが赤くなる!デュアック配合ゲルと草花木果で鎮める

白ニキビが悪化すると赤くなる!

白ニキビがたくさんできたり、何回も繰り返すと、その内1つや2つが赤くなることがあります。

毛穴の中でアクネ菌が過剰に繁殖したことで皮膚が炎症することで赤くなるんですね。

  • 白ニキビは毛穴に皮脂、古い角質汚れが詰まっただけの状態
  • 赤ニキビは毛穴の中で皮脂をエサとしてアクネ菌が増えてしまった状態

です。

赤くなるニキビは最初は1つ2つでも、対処が遅れてしまうと治らないままで、新たにどんどん顔中に増えていく一方です。

確実に症状を落ち着かせていくためには、毛穴の角栓を解消して白ニキビを解消すること。

それから、アクネ菌を殺菌することと、炎症を鎮めることが必要になります。

デュアック配合ゲルが効果的

白ニキビと赤くなるニキビの両症状に効く薬は多くありませんが、例えば皮膚科の処方薬であるデュアック配合ゲルはおすすめです。

主成分のアダパレンが「角質剥離作用」を持っていて角栓の除去に役立ち、もう1つの主成分であるクリンダマイシンが「抗菌作用」を持っていてアクネ菌の殺菌によく効きます。

さらに炎症を鎮めるための有効成分が配合された予防ケアを活用していくことで、徹底的にカバーしていきましょう。

スキンケアは草花木果どくだみで

さらに予防ケアでも白ニキビと赤くなるニキビの両方にしっかりと働きかけることを狙いましょう。

スキンケアでは洗顔によって毛穴の角栓をオフすることは十分に可能です。

さらに、ニキビケアから選ぶようにすることで多くの場合、炎症を鎮める有効成分がしっかりと配合されています。

しかし抗菌作用を持った予防ケアまで条件を広げると、しっかり探さないとなかなか見つかりません

  1. 毛穴の詰まりを解消できる
  2. アクネ菌を撃退できる
  3. 炎症を鎮めることができる

この3つをしっかりカバーしている数少ない予防ケアの1つが草花木果どくだみです。

草花木果どくだみに含まれているトラネキサム酸には炎症を鎮める作用があり、オウバクエキスにはアクネ菌に対する抗菌作用があります。

さらにメインであるどくだみエキスは抗菌作用、抗炎症の両方を持っている徹底ぶり

ニキビケアに詳しい人でもあまり聞いたことがない成分が並んでいるかもしれませんね。

草花木果はケミカル(化学)成分ではなく天然成分を使って肌をやさしく整えることが特徴だからです。

「色々なスキンケアを試してみたけどダメだった、、、誰よりも頑張っているつもりなのに。」

ケミカル派の化粧品で肌が敏感になるだけだったという方がやっぱり最後にたどり着くのは自然派です。

医薬部外品ということで信頼性も高く保湿も肌質に合わせて”しっとりタイプ”と”さっぱりタイプ”を選べるのも使用者思いです。

わたしは乾燥肌なのでしっとりタイプです。

白ニキビと白ニキビが悪化して赤くなるニキビ、、、薬と予防ケアで正しく働きかけることで最短ルートで完治させたいですね!

10日間分のお得なトライアルセットから実感!

>>>草花木果でブツブツ肌を整えていく!


↓ニキビケア化粧品ランキングはこちら↓
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です