白いニキビを早く治すには優しい洗顔料で予防すること

白いニキビを早く治すには?

白いニキビを早く治すためには、肌に合った予防ケアを見つけて毎日のスキンケアを丁寧に行っていくこと

最終的にはこれに尽きます。美容皮膚科などの対症療法で、今顔にある白いニキビをすぐに治すことも出来ますが、予防がしっかり出来るようにならなければ症状を繰り返してしまうし、そうなれば肌がダメージを受けて悪化したりニキビ跡が残る危険性も次第に高まっていってしまいます。

治療薬に関しても同じです。今ある白いニキビを早く治すだけなら役立ちますが、予防効果は期待出来ないし、塗り薬をずっと使い続けるわけにもいきません。

大事なのは誰もが毎日行っている化粧品を使ったスキンケアです。言い換えるなら、今使っている化粧品がイマイチ合っていないからこそ白いニキビが大量発生したり治したり予防することが出来ていないということでもあります。

実際、白いニキビは毛穴が角質汚れや皮脂で詰まって盛り上がっただけの状態なので、基礎化粧品によるスキンケアで十分に早く対処することは可能です。

白いニキビを早く治すスキンケア

白いニキビを早く治すために誰もが洗顔料、化粧水によるスキンケアを頑張っていると思いますが、何事もなかったかのように簡単に治せる人、人より頑張っているのに全然治らないし悪化してしまう人、この両者の差はどこから来るのでしょうか。

それは、たまたま選んだ化粧品が肌に合っていたかいなかったか?だと私は考えます。

せっかく買ってしまった化粧品って最後まで使いますよね?(価格が高かったりすると尚更)

でも、その化粧品が症状や肌質に合っていなかったりしたらもう悲劇です。薬局でもデパコスでも同じですが、ニキビ肌のケアは洗浄力が強かったりして、どうしても乾燥肌、混合肌、敏感肌の人の症状を悪化させてしまいがちな感じがします。

洗顔後に強い乾燥感があって、顔を洗った後には即座に保湿しないとヤバい!という時や、化粧水や美容液を2-3度重ねても乾燥感が抜けない場合などは、化粧水や美容液の浸透力というよりも洗顔料を変えた方が良いと思います。

ところが大人になると乾燥肌、保湿、といったフレーズが優先されるせいか、化粧水や美容液はこだわる人がいても、クレンジングや洗顔料に気を使う人はあまりいないようにも感じます。

これ、白いニキビに悩んでいるのであれば絶対にNGだと思います。白いニキビを早く治すには、優しい洗い上がりで不要な皮脂汚れだけを落とす洗顔料が対策のベースになるからです。

強力なピーリング石鹸などではなくて、優しく作用する有効成分が配合されたコスメを選んで、しっかりと白いニキビの原因に効果的に働きかけることで早く治すことにつなげていくことが出来ます。

早く治したいと強力さを求めてしまいがちですが、逆に優しい方が良い。これが自然に、もしくは意図的に出来るかどうかで結果が大きく変わるんですね。


↓ニキビケア化粧品ランキングはこちら↓
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です