ニキビを本気で治したい時はストレスとホルモンのケアを

ニキビを本気で治したいなら

ニキビを本気で治したいなら、ストレスやホルモンバランスからのアプローチが大切になってきます。

もちろん生活の改善や、肌の合ったスキンケア化粧品、症状に合った効果的な治療薬を行っていくことも大前提となります。

しかし、ストレスがあまりに多すぎたり、生理周期に必ず体調不良になるほど女性ホルモンバランスが崩れていては、なかなか大人の白ニキビ発生の予防や赤ニキビの改善は望めなくなってしまいます。

ストレスとホルモンバランスによる悪影響が大きいと、

「スキンケアと皮膚科の治療薬を続けているのに全然治らない」

「食事・睡眠にも気を使っているのにニキビが私だけ治らない」

という”治らないあるある”の状況に陥って、頑張っているのに治らないストレスや自己嫌悪の原因にもなって悪循環です。(心当たりがある人も多いのではないでしょうか。)

そんな時こそ振り返って欲しいのは、ニキビを本気で治すためにストレス解消や女性ホルモンバランスの崩れを整えるケアを毎日の生活の中に取り入れられていたか?です。

生活改善の中にはストレス解消や睡眠改善によるホルモン分泌の正常化なども含まれますが、生活習慣の改善がノルマになってかえってストレスになっていたりしませんでしたか?

イライラを感じることが少なくホルモン分泌が正常に保たれてこそ生活改善も活きてくるし、さらにそこに予防ケアが徹底されてこそニキビ治療薬も効果的に働いて完治へとつながっていく流れです。

意識しているようで抜け落ちがちなのがストレスとホルモンへの対処です。

ストレスとホルモンを簡単にケアする方法

上手くいけばスキンケアだけでもニキビは治まっていきますが、本気で治したいならやっぱりストレスとホルモンという根本原因を対策していかなければいけません。

先ほど食事・運動・睡眠・ストレス発散という生活改善でも、無理にノルマ化になるとかえってストレスになってしまうと言いましたが、特にすぐに効果が出なければ日に日に辛くなってくると思います。

これが生活改善の落とし穴でもあると思うのですが、そんな時には特に努力をしなくてもストレスやホルモンに働きかけることが出来るようにラベンダーやローズの入浴剤やアロマオイル精油を始めてみたり、ダマスクローズウォーターを配合した大人ニキビ用の化粧品ラミューテを取り入れてみるといった小さい対策が初めはおすすめになります。

ちょっとしたストレス発散や女性ホルモンのバランシングが白ニキビの大量発生を予防したり、赤ニキビの炎症を鎮める作用があると体感出来て初めて、さらなる生活の改善にも自信を持って取り組んでいけるようになると思います。

ラミューテで予防ケアも徹底出来れば、あとは症状に合わせて皮膚科で抗生物質や白ニキビ治療薬のディフェリンゲルを処方してもらって治療していくだけだし、ニキビを本気で治したい時の初動として大きな役割を果たしてくれると思います。

ニキビを本気で治したいと思いながらも「ストレスやホルモンといった根本原因に上手く対処することが出来ていなかったなぁ」と感じる時は、一度チェックしてみてください。


↓ニキビケア化粧品ランキングはこちら↓
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です