花粉症も白ニキビ肌荒れの原因に!予防・対策方法を紹介

花粉症が白ニキビの原因にも

花粉症 白ニキビ

もうすぐ春を迎えますね。春と言えば暖かくなって汗をかきやすくなり白ニキビが増えやすくなる季節でもありますが、花粉による肌荒れニキビの発生も忘れてはいけませんよね。

もしかしたら花粉のせいで白ニキビが悪化すると気づいている人と気づいていない人がいるかもしれませんが、花粉は肌荒れも引き起こす厄介者なんですよ。

スギ・ヒノキが2月3月4月と猛威をふるい、花粉症のせいで目のかゆみやくしゃみだけではなく白ニキビも大量発生してしまうんです。

花粉症によって白ニキビが悪化する理由としては、鼻をかむときや目をこする時の物理的な刺激が肌へダメージを与えることも挙げられます。花粉予防のためにマスクを着ければ、マスクによる物理的な刺激やムレが細菌の侵入やアクネ菌繁殖の原因となってしまう事もあります。

しかし、花粉による肌荒れの原因としては花粉が肌に付着したことによるアレルギー反応の方が影響としては大きいと思います。

紫外線や外気から肌を守るためのケアを行うのと同じように、花粉の季節には花粉から肌を守る対策も行っていった方が季節の変わり目、花粉症による白ニキビの大量発生を防ぐことにもつながります。

花粉による白ニキビ肌荒れの対策方法

花粉症の対策としては、最近では花粉が顔に付着しないようにバリアしてくれる、顔に直接吹きかけるタイプのスプレーもありますよね。

ただ、日焼け止めに下地にファンデーションに、、、さらに花粉対策のスプレーとなるとケア過剰な感じもします。

(私は花粉症対策のスプレーは使ったことはありません。)

基本は、帰宅後にすぐにお風呂に入って顔に付着した花粉をスキンケアで落としていくことにあります。

家に帰ってから休憩して料理を作って録画したドラマとバラエティを見て、そこからメイクを落として入浴では、顔に付着した花粉の影響をモロに受けてしまいます。

花粉によってブツブツや白ニキビが増えてしまうという自覚がある人もそうでない人も、自分の花粉の季節になったらしっかりと予防していきたいですね。

バリア機能を高めるセルフケアを

また、そもそも花粉が付着したことによるアレルギー反応で肌が荒れてしまうのは、皮膚のバリア機能が弱まっている証拠とも言えます。

肌を外敵から守るバリア機能がしっかりしていれば花粉なんかでそう簡単には白ニキビができるものではありません。

花粉症と合わせて白ニキビや肌荒れができてしまうという場合には、もしかしたら普段の化粧品を使ったスキンケアでしっかりとバリア機能を育てることが出来ていないかもしれませんね。

バリア機能を形成するために特に大切になるのは「保湿ケア」です。そして、保湿をしっかりと浸透させるための優しい洗顔もセットです。

不要な汚れとゴミだけを落とす洗顔の後に、バリア機能を作るための有効成分を含んだ保湿を行っていくことで、花粉症に負けない強い肌作りを行っていきましょう。

成分としてはセラミドやスクワランが潤いの膜を作ることにとても役立ってくれます。あとはメバロノラクトンもバリア機能サポートに効果的な成分です。

春という季節の始まりに、鼻づまりにくしゃみにこすって赤くなった目元、、、おまけにブツブツ白ニキビなんて状態は絶対に嫌ですよね。

自信と楽しみを持って春を迎えられるように、目的に合ったスキンケア化粧品を使っていきたいですね。

>>>花粉症に負けない肌作りにラミューテ化粧品


↓ニキビケア化粧品ランキングはこちら↓
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です