お尻の白ニキビは悪化前に治す!短期間で対処しよう!

お尻にもできる白ニキビ

白ニキビは顔だけではなく背中、そしてお尻にもできます。

白ニキビの原因は毛穴に古い角質汚れが詰まってしまうことなので、毛穴のある場所ならどこにでも増える可能性があるんです。

お尻の白ニキビは痛みを伴うこともなければなかなか気がつかないし、気がついた時には既に炎症を起こした赤ニキビや膿がたまった黄ニキビになってしまっているケースも多くあります。

しこりのようなニキビにまで悪化してしまうと普通の姿勢では座れないくらい痛みを伴うこともありますよね。

最近、お尻に白ニキビができることが多くなってきた、、、そんな自覚がある場合には、出来るだけ早めに対策を取り入れてお尻の白ニキビの症状を予防出来るようにしていきましょう。

お尻は座る度に全体重による圧迫・刺激を受ける場所なので、ちょっとした肌トラブルがなかなか治らないで悪化してしまいやすい場所でもあります。

最後にはキレイに治ってくれればOKなのですが、ニキビ跡が残ったり黒ずみが残ったり、角質層が柔軟性を失って硬いお尻になってしまったりと、後々のコンプレックスにもつながってしまう場合もあります。

水着を着ても隠せないほど症状が広がってしまったりすれば、海水浴やプールにも気軽に行けなくなるし恋愛にも悪影響ですよね。

これからお尻の白ニキビの対策方法について見ていきましょう。

お尻の白ニキビの対処方法

お尻に白ニキビが大量発生してしまうと、まずは毎日のお風呂でのボディケアに力が入ると思います。石鹸やボディソープを見直したり、何とか毛穴汚れを落としてキレイに保とうと考えますよね。

もちろん肌への刺激や乾燥感もなく優しく、かつ毛穴汚れをしっかりと落とせるような石鹸やボディソープがあれば理想的です。

とはいえ、毎日のボディケアで刺激を感じているという方は少ないのではないでしょうか。問題を感じていたらそもそもそんなケアは使わないですもんね。

80点のボディケアを100点に変えることを考える前に、お尻の白ニキビを対策する上ではもっと重要なことがあります。

それが「お尻の保湿」です。洗顔後には化粧水で保湿を行うようにボディケアのあとにはお尻にも保湿をしてあげましょう。

白ニキビが増えるということは毛穴のターンオーバーが上手く働いていない状態です。保湿をして毛穴の機能に柔軟性を取り戻してあげることで、トラブルに強い肌を作る第一歩となります。

特にお尻のように放っておくと座った時の圧迫で角質肥厚が起こりやすいような場所では、保湿ケアが習慣になっているかどうかが魅力的なヒップを作る勝負の分かれ目となります。

保湿ケアを行うことで毛穴の機能が復活すれば角栓が原因で発生する白ニキビをしっかりと予防出来るようになるし、少しずつトラブルとも無縁の肌を作っていくことにもつながります。

お尻と顔では皮膚の厚みが違うため、出来ればお尻専用の保湿ケアを使ってあげてください。お尻のためだけに、、、と初めは感じるかもしれませんが、今のままと魅力的なお尻を天秤にかけてみると、専用ケアを導入する価値もあるのではないでしょうか。

もちろん最初に試しに顔用の化粧水をお尻に使ってみるのも良いですが、お尻用の保湿ケアを顔には使いたくないように、顔用の化粧水をお尻に使うのも変と言えば変ですよね。

お尻にはお尻用の保湿ケアの方が効果的だし、白ニキビ対策もしっかりとしたものにすることが出来ますよ。

お尻の白ニキビを潰すのはダメ

また、最後に簡単な注意点も解説します。お尻の白ニキビを早く治したい一心で潰すことで対処したり、無闇に服の上からでも触ったり掻いたりするのはやめるようにしてください。

白ニキビを潰せばニキビ跡が残ってしまう危険性も高まるし、肌へ大きなダメージを残して魅力的な肌からは遠ざかってしまう可能性もあります。

乾燥が原因だと無意識の内にかゆくなって掻いてしまったりすることもありますが、意識的に避けるようにして早く正しい治し方を実践して対処してしまいましょう。

一寸先は闇になりがちなお尻の白ニキビケアなので、そうなる前に早めに治したいですね。


↓ニキビケア化粧品ランキングはこちら↓
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です