白ニキビにビーグレンのクレイ洗顔と圧巻の保湿ケアもイイ♪

白ニキビにビーグレン

ビーグレンで白ニキビ対策を行っていく際に注目なのは天然クレイ「モンモリロナイト」を使ったクレイ洗顔です。

泡洗顔と比べた時にクレイ洗顔は少数派だけど、本当はクレイ洗顔の方が毛穴の奥まで入り込めるので、毛穴の角栓が原因となって発生する白ニキビ対策としても良いんですよね。

しかも、モンモリロナイトは毛穴汚れと違ってマイナスの性質を持っていて、プラスの性質を持つ毛穴汚れを自然に引き寄せて吸着出来るんです。

つまり、力を入れる必要もないため優しいケアが実現可能ということです。これは白ニキビのダメージ肌をケアしていく上では欠かせない要素です。

泡洗顔の方がサッと泡立てて顔全体を包み込むように短時間で洗えるのでラクと言えばラクです。でも、それで今まで良くならなかったり、白ニキビの症状を繰り返してしまっていた場合には、毛穴の奥深くの皮脂汚れまで落とせていなかった可能性がありますよね。

そのような時にはいよいよビーグレンのクレイ洗顔の出番となってくると思います。

最初は感覚的に慣れるまで2-3日くらいかかるかもしれませんが、すぐに「これいいな♪」と感じるようになってきます。

そういえば、タレントの安田美沙子さんもビーグレンの洗顔料クレイウォッシュを使っているらしいんですよね~。同じ洗顔料を使えて光栄・・・なのかな♪

>>>ビーグレンでクレイ洗顔してみる!

ビーグレンは保湿ケアが圧巻

白ニキビの原因となるコメドを解消するという意味では、洗顔料のクレイウォッシュが1番大切な役割を担っています。

でも、ビーグレンと言えば保湿ケアの浸透感が凄いんですよね~♪

浸透技術に使われているQuSomeは国際特許を持っているレベルで、肌に乗せた瞬間にスっと入ってくるのを実感出来た唯一の保湿ケアです。

どれだけ有効成分が含まれていても、それがしっかりと角層の奥まで届かなければそれは皮膚表面に塗りたくっていることと同じです。

(そういう化粧品って何となく多いような気がします。配合出来た成分とその効果をアピールしている割には、浸透技術について説明が少ない化粧品って多いように感じませんか?笑)

その点、ビーグレンの例えばQuSomeローションは学会で論文も出ているくらいの浸透技術なので、根拠も十分というワケです。そういう化粧品ブランドだと安心感も高まりますよね。

白ニキビは優しい洗顔料毛穴の皮脂汚れをしっかりと落として、肌の乾燥を悪化させないように強力な保湿ケアを行うことが出来て始めて完成です。

汚れを落とせても乾燥が悪化してしまえば白ニキビを繰り返すだけになってしまって、結局は治らない悪循環にハマってしまんですね。

なかなか白ニキビが治らない状態が続いて繰り返してしまうという場合には、ビーグレンに切り替えてみると良い変化が出るかもしれませんね。

というより調子が良くて肌の悩みが少なくても、ビーグレンは一度は使ってみたい化粧品と言えます♪(良い意味で独特なので♪)


↓ニキビケア化粧品ランキングはこちら↓
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です