口周りの白ニキビの治し方を解説!2つのアプローチで対処

口周りの白ニキビケア

口周りは人によっては白ニキビが大量発生しやすい場所だと思います。見た目としても清潔感に欠ける印象を与えてしまうため、出来る限り治しやすい内に早く対処していくべきですよね。

口周りの白ニキビはスキンケアに使う化粧品の見直しと、胃腸の調子を整えることが対策のポイントだと私は感じています。治し方を順番に見ていきましょう。

まず口周りの白ニキビを対策するためのスキンケアですが、口周りだけの症状が特に酷い場合には口周りの肌質に合わせたスキンケアを選択することが重要になります。

口周りは頬や顎と同じで、顔の下半分のフェイスラインは乾燥しやすいことで知られています。高校生の思春期時代を過ぎれば大人になるにつれて乾燥してくる一方だし、白ニキビケア選びも慎重に行う必要が出てきます。

白ニキビ自体は毛穴の皮脂詰まりが原因で引き起こされますが、乾燥肌の場合にはただ毛穴の角栓を洗顔で落とせばOKというわけではありません。

不要なコメドはしっかりと落としつつも同時に潤いをキープさせなければ肌の乾燥を悪化させてしまい、パサついてきたり粉がふいたり、結局は角質汚れが毛穴に詰まりやすくなって白ニキビを繰り返してしまうんですね。

それを防ぐためには乾燥肌用の洗顔料を使うことが必要になってきます。

幸いなことに2017年3月時点で乾燥肌用の大人ニキビケア洗顔の中でどれが口コミで評判が高いかは決まりきっていて、化粧品選びに迷う必要はほとんどないくらいのところまで来ています。

3-4年前だと大人ニキビという言葉もそんなに浸透していなくて、化粧品もどれが良いのか分からなくてカオスな状態だったんですよ泣

大人の乾燥肌の白ニキビなのに学生用のプロアクティブがCMでやっているからといって買ってしまって失敗したりという状況でした。

でも、今はそんな失敗は事前に防ぐことが出来ます。

例えば「ルナメアAC」が2017年もトップの人気を維持すると私は感じています。洗顔料が優しく超気持ち良いですからね♪

口周りの白ニキビは胃腸の乱れも

そして、口周りの白ニキビ治療を磐石のものとするためには胃腸の調子もしっかりと整えることが大事になってきます。

暴飲暴食をしたら口周りに白ニキビが増えていたなんて体験をしたことがある人も多いのではないでしょうか(私だけかな。。。)

でも、食べ過ぎたり飲み過ぎたりした翌日に口周りが肌荒れを起こすイメージって何となく結びつきますよね。口から食べた影響が口周りにまず表れるのは自然といえば自然です。

そのため、口周りの白ニキビを治すためには整腸も大切だと感じています。

といっても、特に変わった対策は行う必要はなくて、食事の時間を固定したりお酒が好きな場合には控えめにして、就寝前の1-2時間は水以外は口にしないようにするといった基本が一番大切です。

あとはヨーグルトから乳酸菌を毎日取るようにしたり菌活も大切ですね。もっと積極的に対策したい場合にはサプリメントの使用も効果的です。

整腸による体の内側からの対策と、スキンケアによる体の外側から直接的に働きかける対策を上手く組み合わせて口周りの白ニキビを一日でも早く治すことを目指していってください。


↓ニキビケア化粧品ランキングはこちら↓
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です