白ニキビにべピオゲル2.5%は効く?

白ニキビにべピオゲルは効く?

べピオゲル2.5%は2015年4月に皮膚科で保険適用内で処方が開始された、ニキビのいわば「新薬」です。

べピオゲル2.5%の主成分である過酸化ベンゾイルが海外のプロアクティブには含まれているとかどうとかで、処方が開始される前から騒がれていた薬ですね。

欧米のニキビ治療では一般的な成分が使われているだけに「これで日本のニキビ治療も海外に近づいた」なんて言う人もいたいくらいです。

そんなべピオゲルが白ニキビにも効くのか?というと、効果はあると私は考えています。

べピオゲルには角質剥離作用があって角栓を解消する効果が期待出来るので、白ニキビの症状に対してもドンピシャです。

他にも抗菌作用があってアクネ菌を殺菌する効果もありますが、これは炎症を起こした赤ニキビも症状として発生してしまっている方には非常に効果的です。

赤ニキビに対処出来る薬の中でも抗生物質ではなく、耐性菌がつく心配がないのもべピオゲルのメリットの一つですね。

白ニキビ・黒ニキビ・赤ニキビと幅広く効果が期待出来るのがべピオゲル2.5%です。良いところばかりのように感じますが、薬には副作用がつきものです。

べピオゲルは副作用も強い

べピオゲルは効果が強力な分、その副作用もたくさん口コミとして掲載されているような感じがします。

皮むけや赤みといった薬にお馴染みの副作用はもちろん、衣類に付着すると漂白作用があったり、患部を日光に晒してはいけないなど使い勝手が悪い面があるのも事実です。

白ニキビのように簡単に治せる症状の内はあえてべピオゲルに頼らなくても、代わりにディフェリンゲルを処方してもらったり、的確な化粧品を使ったスキンケアで対処していけば良いと私は考えています。

ディフェリンゲルもべピオゲル同様に角質剥離作用を持っていて白ニキビに効果的だし、何より白ニキビは毎日の化粧品を使ったスキンケアをしっかりと見直すだけでも十分に対処が可能です。

そう考えると使い勝手が悪くて副作用のリスクを高いように感じるべピオゲルを使わずに白ニキビ対策を行う方が確実かなという感じがしないでもありません。

少なくとも私が白ニキビが再発したらディフェリンゲルの処方を受けると思います。あとはスキンケアで確実に対処していきますね。

(ただし炎症を起こした赤ニキビも増えてしまったらべピオゲルを選択します。)

効果が強く肌への負担も大きくなりがちな薬を使って「治す」だけではなく、いずれにせよ化粧品を使ったスキンケアで白ニキビを「予防」することもマストになってきます。

白ニキビが増えても薬を使って治せば良いという考えが通用しないのがべピオゲルだと思います。だから、絶対に短期間で白ニキビを完治させるんだという場合を除いては、白ニキビケアは「スキンケア+ディフェリンゲル」の方が良いのではないかと私は感じています。


↓ニキビケア化粧品ランキングはこちら↓
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です