額の白ニキビが治らない!黒幕はスキンケアかも?

額の白ニキビを治すには?

額は皮脂腺が豊富で白ニキビの原因となる毛穴詰まりを引き起こしやすい場所です。でも、ただの毛穴のコメドである白ニキビの内であれば簡単に治す事が出来るので安心してくださいね。

原因が毛穴の角質汚れにあるなら、その汚れを毎日のスキンケアで落としてあげれば良いだけです。ただし、ただスキンケアを続けるだけで治るなら、額の白ニキビに悩む人はこんなにいないはずです。

おでこの白ニキビ対策を行っていく化粧品を選ぶ上で、一つだけ気をつけなければならない事があるので解説します。

額の肌質を確認しよう

額の白ニキビケアに使っていくコスメを選ぶ上で注意したいのは、自分の肌質が脂性肌なのか乾燥肌なのかしっかりと見極める事にあります。

額は確かに顔の中で特に皮脂腺が豊富で、頬や顎などのフェイスラインと比べれば誰でも脂っぽい場所だと思います。でも、だからといってオイリー肌だと決めつけてしまうのはよくありません。

今スキンケアを続けているのにおでこの白ニキビが良くならずに悩んでいる方であれば特にそうです。誤った化粧品選びが白ニキビが治らない黒幕になっている可能性が大です。

自分だけで判断しようとしても分からない場合も多いので、家族や友人に自分の肌質はどうか聞いてみたり、化粧品売り場のアシスタントの方に聞く事が出来れば理想的です。

他の方法としてはあぶらとり紙を当ててみて、一度当てるだけで紙一面に脂が吸収されるようであれば脂性肌で、ポツポツと脂がつくだけであれば乾燥肌と判断するのもOKです。

額に限らず白ニキビケアでは、自分は本当は乾燥肌なのに誤って脂性肌向けの化粧品でケアを行い症状を悪化させてしまう人がたくさんいます。

ニキビケア化粧品といえば思春期の脂性肌向けに作られた商品が多いので仕方がない事なのですが、乾燥肌の場合には違う化粧品を使って毛穴のお手入れを行っていかなければなりません。

額の白ニキビケア化粧品

ここからは額が乾燥肌だった人に向けておすすめの化粧品を紹介していきたいと思います。

(脂性肌の方はファーストクラッシュやプロアクティブなどの化粧品が合いますよ。)

乾燥肌用のニキビケアは最近では種類が増えてきているものの、まだまだ少数派で、中には「乾燥肌でも使える」「敏感肌でも使える」と書いてある割には刺激が強い化粧品もたくさんあったりします。

乾燥感が強い洗顔料は肌のターンオーバー機能を悪化させて、白ニキビを再発させる原因にもなってしまうのでダメなんですね。

運悪くそんなコスメを選んでしまえば、炎症を招くなど額の白ニキビを悪化させて跡が残る危険性だって出てきてしまいます。

そうならないためにも次に使う化粧品で最後にしましょう。

額が乾燥肌だった場合には、乾燥肌用に作られている大人ニキビ用の化粧品がおすすめとなります。

大人になって頬や顎に増える肌荒れは乾燥が原因になる事がほとんどですが、大人ニキビ用の洗顔料は肌に余計な刺激を与えずに不要な角栓汚れだけを解消する事に優れています。

そんなコスメを乾燥した額にも使っていくことで今まで治らなかったのが嘘のように症状に良い変化が現れるかもしれませんよ。

今のスキンケアをこのまま続けていても希望が持てない人ほどチェックしてほしいとっておきです。額に大量発生した白ニキビにはサヨナラしちゃいましょう!

当ブログのランキングより確認していってくださいね↓


↓ニキビケア化粧品ランキングはこちら↓
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です