顔の外側の白ニキビの治し方は洗顔料選びがポイント!

顔の外側の白ニキビは簡単に治せる

%e9%a1%94%e3%81%ae%e5%a4%96%e5%81%b4-%e7%99%bd%e3%83%8b%e3%82%ad%e3%83%93

顔の外側(フェイスライン)にできる白ニキビに悩んでいませんか?

頬やあご・口周り・首など顔の輪郭を作る外側のラインは、実は白ニキビが大量発生しやすい場所でもあります。

でも、ポイントさえ押さえて正しい治し方で対処していく事で、顔の外側の白ニキビは簡単に治す事が出来るので安心してくださいね。

白ニキビができる最終的な原因は毛穴に皮脂汚れ・古い角質汚れが詰まってしまう事です。したがって、顔の外側に大量発生した白ニキビを治す上で絶対に欠かせないのは、毛穴の角栓を取り除く洗顔ケアです。

と同時に、なぜ毛穴にコメドが溜まってしまったのか?その根本的な原因にも対処していく事が必要となります。

そして、この毛穴詰まりを引き起こす根本的な原因をしっかりと対策する観点がとても大切になってくるんです。今、スキンケアを続けているのに白ニキビが治らないでいるという人は特に参考にしてください。

顔の外側の白ニキビの原因は乾燥

頬やあご・口周り・首といった顔の外側は皮脂腺が少なく肌がとても乾燥しやすい場所として知られています。

おでこや鼻と触って比べてみても、脂分が少なくパサついて乾燥しているのが分かるのではないでしょうか。

そして、この乾燥こそが白ニキビの原因となる毛穴詰まりを引き起こす黒幕です。肌が乾燥しているなら皮脂が無さそうで良いようにも感じますが、なぜ乾燥はフェイスラインの白ニキビを引き起こすのでしょうか?

実は、乾燥には皮脂分泌を引き起こす作用があるんです。

正確には、乾燥を感じ取ったお肌は、その乾燥をカバーするために防御反応として皮脂分泌を始めます。肌が乾燥しているとターンオーバー機能やバリア機能が低下して、外気・刺激の影響や細菌の侵入も受けやすいため危険な状態なんですね。

おまけに肌の新陳代謝で生まれ変わり機能とも呼ばれるターンオーバーがしっかりと働かないという事は、分泌された皮脂がそのまま毛穴に詰まって閉鎖コメドである白ニキビを引き起こしてしまう事を意味します。

こうして、肌が乾燥しているとそれだけで自然のメカニズムとして白ニキビが大量発生していってしまうんですね。

そして乾燥によって白ニキビができやすいのが顔の外側の部位という事になります。

したがって、顔の外側の白ニキビを治すためには、白ニキビの最終的な原因である毛穴詰まりを洗顔で解消しつつも、根本的な原因である乾燥にも配慮したセルフケアが必要となってきます。

乾燥しやすいUゾーンの角栓を落としていくために洗顔に求められるのは、不要な皮脂だけを落とす優しさです。

洗顔の時点で肌が乾燥感を感じている人も多いかもしれませんが、乾燥感を感じるような洗顔料は刺激が強すぎて肌に合っていない事を意味します。

乾燥肌で白ニキビに悩んでいる人の多くが実は洗顔料選びの段階で躓いて、対策に失敗して症状を悪化させてしまっているように感じています。

だからスキンケアを継続していても白ニキビが治らない人がこれだけ多いんですね。洗顔のせいで肌荒れが治らないなんてもったいないですよね。

でも実際、肌に合った洗顔料さえ見つけてしまえば今までが嘘のように白ニキビが落ち着いていくんですよ。

これからスキンケアに使う化粧品を見直す際には、しっかりと乾燥に配慮した正しい洗顔料を選んで対処していきましょう。

それが顔の外側のニキビを対策して予防する事にもつながっていきます。

2017年に入っても高い人気を誇るスキンケアがコレです。チェックしてメモだけでもしておいてくださいね。

>>>乾燥に配慮したこのニキビ洗顔!


↓ニキビケア化粧品ランキングはこちら↓
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です