白ニキビ専用パック「チュルン」の効果的な使い方

白ニキビの集中ケアにチュルンを

前回の記事で白ニキビ専用パック「チュルン」について取り上げました。

その時の記事→「白ニキビ専用ケア「チュルン」というパックがあった!私の総評は

この記事の中で、

  • パックはお肌に負担をかけて乾燥や毛穴のトラブルを悪化させる(白ニキビだって再発するかも)
  • だから私はパックを使っていないし基本的にはおすすめしない
  • 白ニキビは每日の洗顔・保湿を中心としたスキンケアだけで対処可能

ということを説明しました。だからチュルンはどうしてもという方のみ使っていけば良いということでしたね。

でも、改めて考えなおしてみた結果、

●チュルンを使って白ニキビケアをしていくのは有効なのではないか

という結論に至りました。


先に考えをまとめてしまうと、

①チュルンで今ある白ニキビの即効ケアを目指す
②洗顔・保湿ケアで徹底的に白ニキビを予防する

こういった役割分担を明確に意識して每日のケアを行っていくことで、より効果的な白ニキビ集中ケアを実現出来ると思います。

チュルン+洗顔・保湿の予防ケア

実は当ブログに寄せられる声の中に「今ある白ニキビをとにかくすぐに治したい」というのがけっこうあって、

「洗顔・保湿を中心とした王道ケアではもしかしたら力不足なのかな?」

と感じていました。

(もちろん人によっては洗顔・保湿だけであっさりと白ニキビをカバー出来るので安心してください。)

かといって白ニキビを潰すのは絶対にNGだし、他に方法はないから每日のスキンケアや皮膚科の治療薬(ディフェリンゲル)でのケアを目指しましょう。そのためにまずは肌質に合った化粧品を一緒に見つけていきましょうというのが私の第一の考えでした。

(今でもそこは変わりはありません。)

ただパックという選択肢を悪いと決めつけずに考え直してみると、まずは白ニキビ専用パックであるチュルンも使って本気で白ニキビをケアしていきながら、もしかしたらパックで悪化するかもしれない肌トラブル、再発するかもしれない白ニキビを、しっかりと肌に合った洗顔・保湿ケアで予防していくという方法もありだと考えました。

絶対に洗顔・保湿ケアだけという保守的な考えから、チュルンというパックも含めて即効で白ニキビを治しにかかって、その上で洗顔・保湿で再発を防ぐという攻めのケア方法はけっこう良いんじゃないかと思いついたんですね。

チュルンを顔から剥がす時に化粧水を使うとお風呂のぬるま湯を使うより気持ち良いし、毛穴もキュッと引き締まって気持ちも良いです。

自分で言うのも何ですが、この方法はけっこう良いと思いますよ!!!

化粧品ごとにしっかりと役割分担を明確にして割り切ってケアしていく考えは、意外と効果的で役立つこともあります。

というより、チュルン自体が最近は口コミでも評判になってきて人気を高めてきています

アットコスメなどの口コミサイトでも高い評価を獲得するようになってきています。

チュルンの口コミについてまとめた記事もアップしましたので、よろしければ参考にしてみてください。

白ニキビ用パック「チュルン」の口コミ・レビューまとめ

ただし、炎症を起こしてアクネ菌が赤ニキビが混在している肌にはパックは刺激になってしまうかもしれません。マイルドピーリングを採用しているので敏感肌、乾燥肌でも肌質関係なく使用することが出来ますが、そもそも赤ニキビがある場合には基礎化粧品や皮膚科の塗り薬を使っていく方が確実でしょう。

あくまで白ニキビが大量発生している時の専用ケアとして使っていくと良いでしょう。

成分としては大人ニキビケアでは定番のグリチルリチン酸ジカリウムも配合されていて、炎症を鎮める効果も期待できますが、個人的には白ニキビだけに使っていく方が良い使い方かなと思います。

特に頬、おでこ、鼻といった顔の特定の場所に白ニキビが大量発生してしまった時には、チュルンで対処していくことで効果的なケアが実現出来ると思います。

白ニキビが大量発生して一日でも早く出来るだけすぐに治したい!しかもチュルンが気になっていた!

そんな方は洗顔・保湿の予防ケアにも力を入れながらパックも取り入れてみてください。そうすることで上手くいく可能性が上がると思います。白ニキビが治らないからといって美容用の顔用のコラーゲンやプラセンタなどのパックを使うくらいなら、全然チュルンの方が良いです。

チュルンだけで白ニキビを無理に治そうとしない事がポイントです。チュルンもその辺はしっかりと考えて開発されている正統派パックで、パックを剥がす時に水ではなくて化粧水を使って整えることを推薦している良化粧品です♪

>>>白ニキビ集中ケアにチュルンを取り入れる!


↓ニキビケア化粧品ランキングはこちら↓
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です