白ニキビと黄ニキビの違いを知り、ケアの失敗を防ぐ!

白ニキビと黄ニキビは全くの別物!

白ニキビと黄ニキビってよく他のブログだと混同されていたり、間違って使われていたりするのですがこの2つは全くの別物です。

白ニキビは毛穴に皮脂汚れが詰まっただけの閉鎖コメドで、名前に「白」とは入っているものの、実際はどちらかといえばほぼ無色透明です。

細かいブツブツニキビで、一つ一つの大きさも小さいことが特徴として挙げられます。

一方で黄ニキビは膿がたまって化膿した状態のニキビを指します。一つ一つの大きさも大きくて一つ顔にできただけでも目立ってしまいます。

良くない方法ですが潰して膿を出した経験はニキビに悩んで今ブログを見ている誰しもがあるのではないでしょうか?

両者の間のよくある勘違いは、黄ニキビのことを白ニキビだと思ってしまうことです。

「白」という部分だけ見れば、確かに黄ニキビの膿の方が白く見えますもんね。

でも白ニキビは非炎症性のニキビだし、黄ニキビは炎症を起こしてしまっている状態。

治療方法も皮脂を取り除けば良いのか、抗炎症作用がある治療薬を使用しなければならないのかなど、多少の違いが出てきてしまいます。

白ニキビと黄ニキビの違いを画像で確認したい時はこちらの記事を参考にしてください。

白ニキビの画像を公開!勘違いしやすいから要チェックです!

種類の勘違いが命取りに?

黄ニキビを白ニキビだと勘違いして軽率な対処方法を行ってしまえば、跡が残ってしまう可能性も高まるので気をつけなければいけません。

白ニキビ用で黄ニキビには意味のない治療薬を使い続けていてもお肌に負担を与えるだけだし、せっかく跡を残さず黄ニキビの内にしっかりと治せたはずが時間の経過によってさらなる悪化が進んで治せなくなってしまうかもしれません。

しっかりと症状を把握して適切な対処方法を選択できるようにしたいですね。

どちらにも共通するのは決して潰したりせずに、スキンケアと治療薬を中心とした毎日の地道なケアで根本的に治していくことが大切ということです。

その場しのぎの治療法を続けていても症状を繰り返してしまうだけだし、何とかなっているように感じても少しずつ肌全体にダメージがたまっていって美肌から遠ざかった凹凸肌にもなってしまいます。

女性はお肌がキレイなものと男性は当然のように思っているだけに、余計な肌トラブルは避けながら対処していきたいですよね。

今吹き出物があるという恥ずかしさよりも、長期的に苦しまないようにニキビ跡を残すのは絶対に避けなければなりません。

そのためにも、白ニキビ、黄ニキビどちらが発生しても的確に対策できるようにしていきましょう。


↓ニキビケア化粧品ランキングはこちら↓
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です