白ニキビ 大量 薬で悪化した場合

薬で白ニキビが悪化なんて困る

白ニキビが大量に発生し薬の使用をすることでさらに悪化、あるいは薬自体に効果を体感できていても副作用が出てしまい、薬を変更したらまた白ニキビが大量発生。

このように治療薬を使った対策が上手く噛み合わないケースもあります。

メジャーな治療薬、抗生物質の他にも、ステロイドの入った薬、アレルギーを抑える薬、ロコイド軟膏、プレドニンなど様々な治療薬がありますよね。

私自身は「白ニキビにはディフェリンゲル」と最終的には画一的な対応をしていたのですが、ディフェリンゲルを使ってかゆみなどの副作用が出てしまう方もいると思います。好転反応として皮むけが起きることもあるし、効果が強力な分、かえって上手くいかない人がいるのも事実なんです。

念のため妊娠中の方は使わない方が良いという意見もあるし、誰しもがディフェリンゲルでスムーズに改善とはいかないですもんね。

それに皮膚科で処方される治療薬は処方箋が必要なだけあって強力です。

基本的には長期間使い続けると白ニキビで弱ったお肌には負担になると考えても間違いではないと思います。薬を使うとしても、「薬さえ使っていれば安心」と考えるのではなく、なるべく短期間で確実に大量発生した白ニキビを考えていくようにしたいですね。

薬に頼らなくても白ニキビは対処可能

どうしても状況が改善しない、むしろ症状が悪くなってきている気がする、ドツボにはまってしまった気がする。

そのような場合には、一度薬類を全て断つ薬限定の「肌断食」をしてみると良いと思います。

そして化粧品を使ったスキンケア、食事の見直しなど最低限の対策だけに集中していきましょう。(基礎化粧品を使わない肌断食はダメです。)

思い切って皮膚科通いをやめてスキンケアに絞ることで症状が改善することもあります。

皮膚科に通っていればいつか何とか治るという依存状態では、しつこい白ニキビを本当の意味で治すことは難しいかもしれません。

私も大人になってからの白ニキビ対策ではほとんどスキンケアだけで完治させました。

内服薬(漢方薬)と、たまにディフェリンゲルを使ったり、炎症を起こしてしまった時にはオロナインなんかも使っていましたが、白ニキビであればスキンケアだけでもじゅうぶんに対処が可能だと今なら思えます。

もちろん、ディフェリンゲルを使いきってしまった今は全く薬には頼っていません。

学生時代の酷い時には皮膚科にもかなり頼ってお世話になっていましたが、克服体験もあり知識もついた今では、別に治療薬がなくても何とか出来るという事を感覚としてつかめているからです。

おそらく薬を使って上手くいかないという状況に悩まされている方は、化粧品も含めて様々な治療の失敗をこれまでに重ねてきて、結果として肌環境がかなり荒れてしまっている状態だと思います。

治したい一心で色々挑戦した結果、症状が悪化するなんて悲しいですよね。でも辛い事ですがニキビケアでは普通に起こりえる事です。

スムーズに治らないとまさかここまで苦労するのかと気持ち的にも辛くなりますが、ここで諦めずに最後、敏感肌・乾燥肌向けの優しい化粧品を選択していきましょう。

色々試してきたお肌はダメージを受けていて水分量が不足していたり、敏感肌や乾燥肌にもなってしまっていると思います。(特に皮脂分泌が落ち着く大人の人)

今より状況は好転させるきっかけとなる可能性が最も高い一手となるし、対策がピッタリはまれば白ニキビもスムーズに引いていきますよ。


↓ニキビケア化粧品ランキングはこちら↓
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です