白ニキビを潰してニキビ跡が・・治す方法を伝授!

跡が残ってしまった場合の対処法

白ニキビを自分で潰して跡を残してしまった。このニキビ跡って消せるの?と不安に思っている方もいますよね。

確かに、昔はニキビ跡を残すと一生治らないなんて言われていたこともあったようですが、今ではスキンケアを粘り強く続けることでじゅうぶんに対処が可能です。

実際私もそうして跡を克服したので安心してください。期間として重症具合によって1ヶ月-1年半などかかる時間は様々です。ちょっとした凸凹肌なら3ヶ月くらいで治るし、酷いケロイド状のニキビ跡だと3年くらい治るまで時間がかかったり種類によって本当に色々です。

クレーターなら1年くらいを目標にした方が挫折しないかなと思います。

とにかく諦めずに毎日のスキンケアを続けていく事が大切です。

短期間で改善しなくても続ける根気強さが必要になってきます。(ニキビ跡を治す上では粘り強さは絶対に必要ですね!)

焦ってストレスを感じると肌には良くないので、跡が残ってしまった以上は一定の覚悟は要求されるかなと思います。

それでも調子が良いと日単位で改善を感じとれる日もあるので、何とか喜びを見つけながら毎日のスキンケアを続けることが出来れば理想的ですね。

保湿ケアでターンオーバーを整える

もし今お使いのお気に入りの化粧品があるなら、その中で化粧水だけを跡専用の化粧水に置き換える方法もオススメとなります。

跡を治すためには保湿ケアでターンオーバーを正常化することが重要なポイントとなるので、専用アイテムを導入することでより確実な改善へとつなげていきましょう。

代表的な跡専用化粧水には「リプロスキン」があります。一度公式サイトを見てみるなど詳細をチェックしてみてください。

角質層を整えてじっくりとニキビ跡を治すことを目指しましょう!

化粧品全体を見直すケース

また、現在白ニキビと跡が混在していて、跡だけではなくニキビ自体を克服出来ていないという方であれば根本的に化粧品を見直す事が必要になってくると思います。

跡にも色素沈着タイプやクレータータイプなど色々な種類がありますが、ピーリングとビタミンCを使ったスキンケアが基本となってきます。

白ニキビ自体を抑えながらも跡治療も同時に行えるニキビケアとして代表的な化粧品には「ノブACアクティブ」があります。

優しいピーリング洗顔と美白成分ビタミンC誘導体配合の乳液が特徴的となっています。ピーリングとビタミンC誘導体による美白効果はニキビ跡対策では同じみですよね。

白ニキビを治しながら跡も消したい、そんな方は一度どんな化粧品なのか確認してみてください。

@コスメのトライアルキット部門でランキング1位を獲得した実績があり、化粧品全体が高い評価を受けています。

化粧品をセットで見直ししたい時にはとても大きな役に立つと思いますよ。

有名ブランドで皮膚科医の意見も参考に作られていて、使用感も優しくとても良い製品です。

また、最近になってニキビ跡専用の化粧品なのに洗顔から保湿ケアまでがセットになった化粧品も出てきていて、スキンケア全体で肌の生まれ変わりであるターンオーバー機能をしっかりと整えることを狙った良化粧品もあります。

ニキビ跡専用化粧品という美容液だけだったり、何かこれで本当に大丈夫?みたいな製品も多いですもんね。ビーグレンのニキビ跡ケアプログラムは対照的で、洗顔から保湿ケアまでニキビ跡をカバーしていくために非常に的確な化粧品となっています。

白ニキビ治療後にニキビ跡だけが残ってしまって積極的な対策を行いたいという場合にはビーグレンのニキビ跡ケアプログラムの使用を検討してみると良いでしょう。


↓ニキビケア化粧品ランキングはこちら↓
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です