白ニキビの薬はディフェリンゲルがおすすめ

白ニキビにはディフェリンゲルが効果的

白ニキビの治療薬としてオススメは皮膚科で処方してもらえる「ディフェリンゲル」です。

市販薬にもペアアクネクリームやオロナイン、ビフナイト、クレアラシルなどがありますが個人的には処方薬のディフェリンゲルが断トツでオススメとなります。

(どれも口周りにも気にせず使えますよ。もしかしたら注意書きがあるかもしれませんが、私は気にせず使っていました。)

白ニキビは「閉鎖コメド」と言うように毛穴に皮脂(角栓)が詰まってしまうことで発生するので、皮脂を減らす効果があるディフェリンゲルはまさにピッタリ。

主成分のアダパレンに角質剥離作用があって白ニキビの原因に直接働きかけてくれる薬と言えます。

皮膚科に通う時間が無いという方でも、出来れば白ニキビを治すために皮膚科で一度は診察を受けディフェリンゲルを処方してもらった方が良いというのが私の本音になります。

最近ではべピオゲルなどの新薬も登場していますが、白ニキビに限っていえばやっぱりディフェリンゲルが効果的でおすすめです。

もちろん化粧品を使ったスキンケアだけでもポイントさえ外さなければ白ニキビは簡単に対処していく事が出来ます。

しかし、ディフェリンゲルという強力な味方があった方が心強いことに変わりはありません。

ディフェリンゲルの副作用

ディフェリンゲルは白ニキビに対して非常に有効な薬ですが、時に強力な副作用が出てしまうことがあります。

皮剥けやかゆみなどが最も代表的な副作用として知られています。

皮剥けが起きてしまうとこのままで大丈夫なのかなと不安にも思ってしまいます。

好転反応といって、治る過程で皮剥けなどの症状が出てしまうこともあり、必ずしも悪い副作用と言えないケースもあるので副作用のような症状が出た時にどう判断するのかは自分では難しいところです。

どうしても不安な場合には使用をやめた方が賢明だと思いますが、ケースバイケースで判断したいところだと思いますので、皮膚科で先生に相談する方が確実だと思いますよ。

私であれば今なら化粧品だけで対応出来る自信があるので、ディフェリンゲルの使用はやめて每日の自宅でのスキンケアだけで対応する方法を選びます。

どうしても市販薬ならペアアクネクリームW

また、中にはどうしても皮膚科に通う時間が捻出出来ないという方もいると思います。

そんな場合には薬局・ドラッグストアなどで入手出来る市販薬に頼るのも一つの手段です。

ただ、上記に挙げたビフナイトなどの市販薬はどちらかといえば炎症性の赤ニキビ用かなと私は考えているので、白ニキビにはそこまでオススメではありません。

そこでどうしてもという場合には「ペアアクネクリーム」がプツプツニキビには合うと思いますよ。

これはペアアクネクリームに角質剥離作用があるというわけではなくて、利用者の口コミで白ニキビに効果があったという評価が多くあったからです。

実際にそういう口コミも多いというのは参考になりますよね。白ニキビを治すために市販薬を選ぶならペアアクネクリームを選択するようにしていきましょう。

お肌に合ったケアで白ニキビを解消

なかなかニキビを治せずにいるという方は、使っている治療薬が本当に自分の症状、ニキビの段階に合ったものなのか、一度確認してみると治すきっかけを掴めるかもしれませんよ。

もしかしたら炎症性のニキビに使う薬を閉鎖コメドである白ニキビに使ってしまっているかもしれません。

白ニキビの症状自体を画像で確認してみたいという方はこちらの記事を参考にしてください。

白ニキビの画像を公開!勘違いしやすいから要チェックです!

また、治療薬を使った一時的な症状の改善だけではなく、化粧品を使ったスキンケアによる予防もしっかりと行って、少しでも早く白ニキビを克服して美肌を目指していきたいですね。

予防が出来なければ繰り返してしまい、薬を使ってポツポツ白ニキビを治した意味がなくなってしまうのでスキンケアに使う化粧品選びも肌に合ったものをしっかりと選ぶ事を忘れないでくださいね!

乾燥肌なら2017年1月現在ルナメアACというケア化粧品が人気で、私が白ニキビ対策を行っていた時と違って選ぶのに迷わなくて良いのがうらやましいです!


↓ニキビケア化粧品ランキングはこちら↓
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です