白ニキビ 頬に特有の3つの原因とは

白ニキビもニキビである以上、その原因として「皮脂の問題」や「スキンケアの問題」があるのは間違いありません。

しかしそれと同時に頬の場合には「ストレス」「生活習慣の乱れ」「生理前のホルモンバランスの乱れ」といった直接的にはお肌とは関係無い要因も大きな原因となってきます。

よく聞くこの3つの原因ですが、一体どうして頬の白ニキビの発生へとつながっていくのでしょうか。

全ては毛穴の皮脂詰まりにつながる

上記に挙げた「ストレス」「生活習慣の乱れ」「生理前のホルモンバランスの乱れ」の全部が実は最終的には皮脂分泌につながり、毛穴の皮脂つまりへとつながっていきます。

なかなかイメージしづらいと思うので詳しく解説していきます。

ストレスは交感神経を優位にして男性ホルモンの分泌を増やします。そして、男性ホルモンの作用の一つに皮脂分泌があるため毛穴詰まりの原因となってしまうんですね。ストレスがお肌に良くないと言われるのもシンプルなメカニズムだということが分かると思います。

生理前のホルモンバランスの変化は「プロゲステロン」と呼ばれるホルモンが優位になる状態を指しますが、プロゲステロンは男性ホルモンに似た働きをする場面があると言われており、要するに皮脂分泌を招いてしまうんですね。

生理前には誰もがプロゲステロン優位になりますが、その程度が酷かったりあまりに白ニキビが頬にぶわっとできるという場合には治療を検討することも必要になってきます。

最も代表的な治療方法は低用量ピルを使った治療ですが、ラミューテのように女性ホルモンバランスの乱れを整えることが出来る大人ニキビ化粧品もあるので、ピルは使いたくない!という場合には活用を考えてみても全然良いですよ!

そして生活習慣の問題も同じです。睡眠不足は身体を疲労させ交感神経を活発にさせます。運動不足はストレスをためこみ、睡眠の質にも悪影響を及ぼします。食事の乱れはダイレクトに皮脂分泌を引き起こしたり、睡眠の質にも悪影響を与えます。

これらが全て皮脂分泌に繋がることは上記でも説明した通りですね。。。

無理せず出来ることから改善させていく

「ストレス」も「生活習慣の乱れ」も「生理前のホルモンバランスの乱れ」も対処しにくい点が厄介ですよね。だから白ニキビの内に治すことが出来ずに、悪化させてしまう方もとても多くいます。

しかし、諦めるわけにもいきません。

今それぞれの要因が「1×1×1」悪いとしても、3割ずつ改善すれば「0.7×0.7×0.7=0.343」つまり65.7%も改善させることが出来ます。これは例えですが、そう考えて前向きに生活改善も行っていきましょう。


特に睡眠をしっかりと取ることがとても大事だと体感しています。ヒトという生物として当たり前の時間に眠るだけでもだいぶ効果がありますよ。(22-6時の8時間など)

さらに運動などでストレスが発散できれば生理前のホルモンバランスの乱れも小さくなり、美肌へとつなげることが可能です。

ただ、ストレス発散はジョギングのようないかにもな事を無理に行う必要はありません。自分の好きな事を行うことの方が大事です。3割でもストレスを減らすつもりで気軽に取り組みましょう。

ストレス対策として実践出来そうな方法が思いつかない場合には、ローズ(バラ)やラベンダーなどのアロマの香りを部屋に漂わせておくだけでも十分に効果的です。

あとはご自身の体感としてスキンケアに使っている化粧品がイマイチお肌に合っていないと感じている方もたくさんいるのでは無いでしょうか?

今使っている化粧品に100%の信頼が置けないという場合には思い切って見直しをすることも、迅速な白ニキビケアのためには大切となってきます。頬は乾燥しやすい場所なので、それに合わせたニキビケアを選択しなければお肌に合わなくて悪化させてしまうケースもたくさんあります。

原因がたくさんあって全部を一気に対策するのは大変だと感じた方もたくさんいると思います。出来る範囲で出来ることだけは確実にこなしていくことがとても大切ですよ。


↓ニキビケア化粧品ランキングはこちら↓
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です