白ニキビが頬にできる厄介な2つの原因とは

頬の白ニキビが治らない

頬は白ニキビが本当にできやすい場所ですよね。

顔に占める面積が大きい部位だし、白ニキビが発生するとどうしても目立ってしまいますよね。

化粧直しをやりすぎるとファンデーションが毛穴落ちしたり、クレンジングで上手くメイク落としができていなかったりすると、翌日に一気に大量発生してしまうこともあります。

もちろん、毎日の洗顔ケアも毛穴詰まりと防ぐためには大切です。

しかしなかなか刺激感が強くて每日の洗顔を中心としたスキンケアを続けられない、結果が思わしくないという方も多いのではないでしょうか。

実際、頬の白ニキビ対策に使っていく化粧品選びってとても難しいんですよ。

それは、例えば富士フイルムから発売しているルナメアACのような乾燥肌用の洗顔料を使わないと頬・フェイスラインの白ニキビには刺激になってしまうからです。

でも、頬の白ニキビは原因をしっかりと押さえることで正しい治し方につなげれば、意外と簡単に治していくことが出来るようになります。

今回の記事では、大事だけど見過ごされがちな2つの原因について言及していきます。

そこで、まずはスキンケアを中心とした頬の白ニキビ対策ではなく、頬に白ニキビができる原因として外してはいけない2つの原因からアプローチする方法についても見ていきましょう。

白ニキビが頬にできる2つの原因

その2つの原因とは、「ストレス」「女性ホルモンバランス」です。

ストレスがお肌に悪いことは一般的にもよく知られていますが、それは、ストレスが溜まることで男性ホルモン量が増えて、男性ホルモンの影響で皮脂が分泌されるからです。

この皮脂が毛穴に詰まることで頬の白ニキビにもつながってしまうんですね。

さらに、生理前に明らかに肌荒れが酷くなってしまうという方は、女性ホルモンバランスが大きく乱れていることが原因で毛穴詰まりが引き起こされてしまっている可能性が大です。

低用量ピルを使ってホルモンバランスの揺らぎを安定させる方法もありますが、それよりおすすめなのは、やはりストレス対策です。医師の指導の下で使えば安心とはいえ、ピルってちょっと怖いといえば怖いですもんね。(効果が出るまでにも時間がかかります。)

ストレスは体内のホルモンバランスに悪影響を及ぼすので、お肌の問題を通り越して対策していかないといけません

例えばですが、生理周期に異常が出たら大変ですよね。生理不順や不正出血などPMS関連の症状が出たら大変です。

ストレス対策はジョギングやアロマなどの、

「いかにもストレス対策!」

ということをしなくても、自分が好きで続けられることであれば何でもOKですよ。

また、生理前の肌荒れ対策に優れた化粧品も開発されているので、そういった化粧品を活用することで、毛穴詰まりの解消と、生理前のホルモンバランス対策を同時に行っていくと効率的かもしれません。

頬の白ニキビが悪化して赤みを帯びてくる前に、適切な対応を取ることで確実に治していきましょう。


↓ニキビケア化粧品ランキングはこちら↓
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です